《便利お得情報》4kw程度の太陽光発電を自宅に導入した時の年間予測発電量

太陽光発電の設置に関するメーカーや電力会社主催の地域を絞った太陽光発電のセミナー等に是非とも参加をしてみてください。
地域に密着した太陽光発電の過去データを把握することが出来るので、大変役立ちます。 テレビやインターネットなどで太陽光発電の特集をよく見かけるようになってきました。
時代は自然再生エネルギーを求めており、地球環境を第一に考えなければいけなくなったのです。
太陽光発電における発電量というのは、住んでいる地域や屋根の角度、方位などで大きく異なります。
なのでエリア毎の発電量に関する全ての情報を集めるためには、かなりの手間を必要とするのです。

 

もし4kw程度の太陽光発電を導入した時の年間予測発電量というのは、4500kwh〜5400kwh程度を期待することが出来ます。
この数字を電気料金に置き換えると、固定買取制度で計算してみると、おおよそ17万円〜20万円前後の換算電気料金になります。

貸事務所
貸事務所について
http://new-of-search.jp/



《便利お得情報》4kw程度の太陽光発電を自宅に導入した時の年間予測発電量ブログ:2019-02-13

小さい頃、
おれは親父に対して不満がありました。

おれは、親父に誉めてもらった記憶がないのです。

親父の言葉で覚えているのは、
「好きにしたらえぇ」「お前やったら大丈夫や」くらいのものです。

おれにはそれが親父から見放されているような感じがして、
一人ぼっちで心細く、寂しくて惨めな気持ちを感じ、
「誉めてほしい」「教えてほしい」「支えてほしい」といった思いが
満たされることはありませんでした。

そして、
「親父はおれのことがあんまり好きじゃないんだ、
だから21時も日曜日も家にいないんだ」
「親父が誉めてくれないのは、おれがダメだからなんだ」
と感じていました。

大人になった今では、
それが真実ではないことを頭で理解することができますが、
それでも、
心では「愛されていたんだ」と感じて納得するまでには
至っていませんでした。

ところが、
すごく重大なことに気づいたのです。

誉められたことがなかったかもしれないけど、
否定されたこともなかったのです。

結構な放蕩むすこであると自覚があるくらいですから、
親父にとって、眉をひそめるようなことが何回もあったことでしょう。
意見したかったこともたくさんあったでしょう。

にもかかわらず、
一度もないと断言してもいいくらい、
否定されたことがないのです。

親父がおれに言うのは、
「好きにしたらえぇ」だけ。

「否定されていなかった」
それは、
「おれを傷つけた」「おれに寂しい思いをさせた」
「おれに自信がないのは親父のせいだ」
「おれの求める親父ではない」と、
心の中で何百回何千回とさんざん親父のことを否定し、
責め続けてきたおれにとって、
雷に撃たれるくらいの大きな衝撃でした。

「否定しない」
それが、親父の愛だったのです。